読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウェブ1丁目図書館

読書で得ること感じること。ここはウェブ1丁目にある小さな図書館です。本の魅力をブログ形式でお伝えしています。

21世紀初頭の日本の物価下落や賃金低下は対外的な問題で起こったこと

経済

90年代のバブル経済の崩壊以降、21世紀に入っても日本経済はなかなか上向いてきていません。21世紀初頭には、企業の業績が回復し好景気に沸きましたが、それを実感できなかった国民が多く、本当に景気が上向いたのか疑問の声を聴くこともありました。

日本経済が良くならない理由として、よく挙げられるのはデフレと少子化です。デフレが進むと賃金が上がらない、少子化で人口減少社会に突入してるから年金などの福祉の負担が大きくなる、確かにそのように思えます。

しかし、デフレと少子化が、90年代から続く不景気の理由と決めつけて良いのでしょうか?

続きを読む

批判が習慣化すると虚報が生まれる

社会

テレビのニュースや新聞で、たまに誤報があります。被害者の姓名を間違ったり、金額が誤っていたりするのが誤報です。

誰だって間違いは犯しますから、こういった誤報に目くじらを立てることはありません。しかし、時に誤報がマスコミの意思によって作り出されることがあります。こういった誤報は「うっかりミス」ではなく、事実に反する報道をすることが読者にとって有意義なんだという信念に基づいています。これは、もはや誤報ではなく虚報です。

続きを読む

経済が成熟した社会で経営を効率化できるのか?

経営者

経営の効率化。

ニュースなどでよく耳にする言葉ですね。この経営の効率化とは、お金、時間、作業など無駄を省くことという意味で使われていると思います。そして、経営を効率化すれば今までよりも利益が増えるというのが一般的な認識でしょう。

でも、本当に経営の効率化で利益が増えるのでしょうか?

続きを読む

フレックスタイムの導入で藩財政を改革した上杉鷹山

日本史

江戸時代に財政破綻した米沢藩を建て直した上杉鷹山は、アメリカのケネディ大統領が尊敬する日本人と語ったと伝えられているお殿さまです。

江戸時代のお殿さまは「良きに計らえ」としか言わない印象があります。でも、上杉鷹山にはそういったお殿さまのイメージはあまりなく、現代だと赤字に陥っていた名門企業の業績をV字回復させた敏腕経営者といった感じですね。養子として米沢藩にやってきたあたりは、日産のカルロス・ゴーンを彷彿とさせます。

続きを読む

会計一円帳と会計帳簿の開示で家臣に藩の財政状態を理解させた上杉鷹山

日本史

江戸時代に巨額の借金を背負って潰れそうになった藩がありました。

その藩は米沢藩です。戦国時代には上杉謙信のような名将が出て石高を200万石まで伸ばしたのですが、豊臣秀吉の支配下に加わって石高を減らされた後、関ヶ原の戦いでの敗北でも領土を削られ30万石まで減少します。さらに江戸時代には、後継ぎが定まっていない状況で藩主が急死し、幕府によって15万石まで減らされてしまいました。

巨額の借金を背負っていた米沢藩は、上杉重定の時代に版籍奉還を決意するまでに財政が逼迫。しかし、上杉鷹山の登場で、何とか明治維新を迎えることができました。

続きを読む