ウェブ1丁目図書館

読書で得ること感じること。ここはウェブ1丁目にある小さな図書館です。本の魅力をブログ形式でお伝えしています。

過信と当たり前が経済を落ち込ませる

低迷する日本経済。

この言葉を何度聞いたことでしょう。20年以上前から同じことが言われていますから、もしかしたら、日本経済は低迷していないのではないかとも思ってしまいます。しかし、将来の展望が全く見えないと感じている人が多いのであれば、やはり、日本経済は低迷しているのでしょう。

では、日本経済が低迷しているとして、その原因はいったい何なのでしょうか。

続きを読む

フィールドセールスから戦略型のインサイドセールスへ

企業が存続するためには、とにかく売上がなければなりません。そして、売上を維持したり増やしたりするためには、必ず顧客を獲得する必要があります。

この顧客を獲得するための行為を一般的に営業といいます。

営業には、様々な手法がありますが、営業職でない人でも知っている手法には、飛び込み営業、電話営業、ルートセールスなどがあります。この中で、飛び込み営業や電話営業を受けたことがある人は非常に多いと思います。そして、ほとんどの人が迷惑だと感じたことでしょう。

だから、今まで当たり前に行われていたこれらの営業は、効果が低く、そのうち実施する企業は少なくなるはずです。

続きを読む

伊藤博文暗殺は殺人事件か独立戦争か

1909年10月26日午前9時過ぎ。

東清鉄道ハルビン駅で、伊藤博文が韓国人の安重根に射殺されました。この事件は、日本側から見ると、テロリストによる殺人事件です。ところが、安重根は、伊藤博文の暗殺は殺人ではなく、独立戦争だと述べています。

その真意は、いったいどういうことなのでしょうか。

続きを読む

学習目標を持ち一人の時間を作ることが知識や技術の習得には欠かせない

世の中には、仕事ができる人と仕事ができる風な人の2種類がいます。

何か、防虫剤のCMのようではありますが、確かにその通りだと思うのではないでしょうか。「仕事」の部分には、勉強でもスポーツでも何でもよいので置き換えることができます。

仕事ができる風な人は、一般的にコミュニケーション能力、略してコミュ力が高いと言われている人が多く、企業の人事担当者も、仕事ができる風な人のコミュ力の高さから、つい仕事ができる人と勘違いして採用することがあります。

続きを読む

深き知性から人類が進むべき道を探る

世界は、これからどうなるのか。

未来を確実に言い当てることはできないので、この問いに答えられる人は皆無でしょう。それなら、未来がどうなるかを考えても、どうせわからないのだから、想像するだけ無駄だとなります。

しかし、未来を完全に言い当てられないにしても、今起こっていること、過去の事実から、なんとなく人類が進んでいく方向性は予想できそうです。最近の気候変動の激しさを見ると、自然災害が今よりも多くなりそうだということを多くの人が予感しているのではないでしょうか。それなら、自然災害への備えが、これからの人類には重要となり、これまで以上に防災や避難に力を入れる必要があると考える人が増え、そして、自然災害に強い社会になっていきそうです。

続きを読む