ウェブ1丁目図書館

読書で得ること感じること。ここはウェブ1丁目にある小さな図書館です。本の魅力をブログ形式でお伝えしています。

日本の資本主義の背景にある宗教観

資本主義は、経済を加速的に発展させてきました。

特に株式会社制度は、個人から少額の資金を集め大きな資本とすることで大規模な事業を行え、個人が信用力だけで銀行からお金を借りて事業を始めるよりも、成功へのスピードも成功した時の見返りも圧倒的に大きなものとなります。

このような株式会社を代表とする資本主義の仕組みは、西洋で発達し、世界に広がっていきました。しかし、西洋で生まれた資本主義が、日本ではそのまま定着したわけではありません。

続きを読む

戦後の日本経済の成長に人口はどう関係したか

少子高齢化

現代日本が抱える深刻な問題とされているのがこれです。少子高齢化がこのまま進めば、22世紀には日本の人口は5千万人を割り込むと言われています。そして、現在の日本の人口が半分以下となることから、経済にも大きな打撃を与えるに違いないと考えられています。

経済成長にとって人口増加は必要条件である。

この考え方が前提としてある限り、日本経済の持続的成長には人口増加策を採らざるを得ません。

続きを読む

どこからともなくやって来るネガティブ感情をどうコントロールすべきか

最近、イライラしている人が増えているような気がします。

政治に何かと不満を漏らす人、有名人の不祥事に怒りをあらわにする人。

そんなイライラしている人をよく見かけるようになっています。でも、よく考えてみると、自分の周囲でイライラしている人は、そんなに多くありません。でも、世の中には、イライラがあふれかえっているように思えます。

いったい、このイライラはどこからやって来るのでしょうか。

続きを読む

孤独な時間が人生を豊かにする

本を読んでいると眠気が襲ってきた経験を持つ人は多いと思います。だいたい難しい本を読んでいる時に眠たくなるものです。

そんな本の代表とも言えるのが、ショーペンハウアーの「孤独と人生」です。

書いてあることは説教くさく思えますし、改行がほとんどないので、10ページも読むと苦しくなってきます。でも、この本を読んで感じている状態こそ、ショーペンハウアーが言わんとしていることなのかもしれません。

続きを読む

花の名を知ると散歩が楽しくなる

街中を歩いていると、歩道脇や花壇で、草花や雑草を見かけます。

ただ草が生えているだけなら素通りするのですが、花が咲いていると、立ち止まって見ることがあります。きれいな花だなと思いながら観賞するものの、悲しいかな、花の名前がわかりません。

こんな経験をしたことがあるのは、僕だけではないはず。そして、ネットで花の名前を調べようとしても、そもそも、その名がわからないので、キーワード検索もできないという経験をしたことがある人も多いはず。

続きを読む