ウェブ1丁目図書館

読書で得ること感じること。ここはウェブ1丁目にある小さな図書館です。本の魅力をブログ形式でお伝えしています。

個体の死が種の繁栄につながる

「生き残れるのは、最も強い者でも、最も賢い者でもなく、変化に適応できた者だ」

自己啓発書などでよく見る文章ですね。しかし、これは、半分間違っています。いや、もっと間違っているかもしれません。ダーウィンの進化論から、このような表現が使われるようになったのでしょうが、正しく書き直すと以下のようになります。

「生き残れるのは、最も強い者でも、最も賢い者でもなく、偶然変化に適応できた者だ」

生物進化は、自らの意思で起こるのではありません。自分の意思とは関係なく起こるのです。

続きを読む

エネルギーで時間を買う人類

物理学では、エネルギーを仕事をする能力と定義します。人間にとっても、エネルギーは仕事をするために必要な活力とでも言えそうです。

一般に人間は、食物からエネルギーを補給していると考えられていますが、その他にも自動車や電化製品などを使って、ガソリンや電力からエネルギーの供給を受けて生活しています。人間が食物を食べて自前で生み出すエネルギーを消費する他に機械を動かすことでエネルギーを消費することは、仕事のスピードを上げることができるので、短時間でより多くの仕事をこなせます。

人間社会の発達は、人類がエネルギーを外部調達してきたおかげと言えます。しかし、エネルギーを使うことで、我々現代人は疲弊しやすくなっているとも考えられます。

続きを読む

ねこと協調してきた人類

近年の日本社会は、空前のねこブームとなっています。テレビもインターネットも、ねこが大人気で、メディアでねこを見ない日はないほどです。

それにしても、なぜ、人はねこに惹きつけられるのでしょうか。人に従順ないぬの方がペットとしては好まれそうで、実際、かつてはいぬがねこより人気でした。

それが、いつの間にか、ねこがブームとなり、いぬよりもメディアでの露出が増えだしました。人を魅了するねこ。その理由は、どこにあるのでしょうか。

続きを読む

行動経済学を知る人が増えれば研究結果と現実が乖離するだろう

人間には心があります。心は感情だったり、理性だったり、本能だったりします。そして、人により、心の在り方は異なります。

だから、同じ状況に遭遇しても、人により採るべき行動は異なって当然です。ところが、古典的な経済学では、人間は、自分の利益を最大化するために行動し、その判断も論理的なものだと仮定しています。しかし、人間は誰もが合理的な行動をできるわけではないですし、その時の感情によって選択する行動が違うこともあります。

そこで、人間の心をどう見るかに焦点を当てた行動経済学が、近年、注目されています。しかし、行動経済学の研究でわかったことでも、本当にそうなのかと疑問に感じる点があり、まだまだ経済学は発展途上にある学問なのだと気づかされます。

続きを読む

自信過剰や相手に共感しないことが失礼な言い方をする原因になる

日常会話の中で、失礼な言い方をされた経験はないでしょうか。きっと、誰にでもあるはずです。しかし、失礼な言い方をした相手には悪意を感じられないことが多く、取り立てて今の言い方は失礼だと指摘することは滅多にないと思います。

一方で、自分は相手に失礼な言い方をしていなかったかと、ふと考えることがあります。自分は大した意味があって放った言葉ではなくても、相手は失礼だと感じていたかもしれません。

今一度、自分の言動を振り返って、あの時の言い方は失礼だったかなと再考する必要がありそうです。

続きを読む