ウェブ1丁目図書館

読書で得ること感じること。ここはウェブ1丁目にある小さな図書館です。本の魅力をブログ形式でお伝えしています。

残忍な食がグルメに変わるまで

現代の先進国では、食は文化的な活動の一部と言えます。テレビでは、グルメ番組が頻繁に放送されますし、SNSではきれいに盛られた料理の写真を見ない日はありません。

一方で、食は、人間が生きていくために欠かせない活動です。そして、人間が生きていくためには、他の生物の生命を奪わなければなりません。食とは、本来残忍な行為であり、文化的な活動とは程遠いものでした。

しかし、食を残忍な行為と考える現代人は多くありません。

続きを読む

核よりカネの抑止力

資本主義は、多くの富を創造します。

一方で、資本主義は格差を拡大します。この格差を拡大するという資本主義の性質から、戦争、環境破壊、労働条件の低下、福祉の破壊、貧困なども、行き過ぎた資本主義がもたらす弊害だと言われることがあります。

しかし、資本主義以前の社会や共産主義国と比較した場合、資本主義が創造する富は社会を良い方向に変えています。

続きを読む

人の道に外れた行為で多くの財産を手にできるか

18世紀のイギリスの経済学であるアダム・スミスと言えば、「見えざる手」が有名です。

人々が個人の利益を追求しても、自然と調整され社会全体が幸福になるという理屈が、「見えざる手」です。この「見えざる手」がとても有名なので、アダム・スミスについては、それ以外のことを詳しく知らない人が多いのではないでしょうか。

そして、アダム・スミスの著作についても、『国富論』は知っていても、『道徳感情論』は聞いたことがない人が多いのではないでしょうか。

続きを読む

自分の無知を知らないからネット上で誹謗中傷するのではないか

ネット上の誰かの発言に対し、「そんなことも知らないのかバカ」といったコメントを書く人がいます。最近では、ネット上の誹謗中傷から、精神的苦痛を受けたり自殺をする人が増えていることが社会問題となっています。

ネット上で「そんなことも知らないのかバカ」と誹謗中傷する人への対策がいろいろと考えられています。しかし、厳罰化しても、なかなか誹謗中傷する人が減らないのは、他に理由はいくつもあるでしょうが、自分が無知であることを知らないからでしょう。

続きを読む

神仏分離と徴兵制

現在では、神社とお寺は別々に存在するのが当たり前となっています。

両者の違いがよくわからない人は、鳥居が建っているのが神社と覚えておけば大体正解です。ただ、お寺の中にも、境内に鎮守社があり、その前に鳥居が建っていることがあるので、鳥居があれば必ず神社とはならないのですが。

現在のように神社とお寺が別々に扱われるようになったのは、明治維新神仏分離令からであり、江戸時代以前は、お寺の中に神社があったり、神社の中にお寺があるのが当たり前でした。別に神社とお寺が同じでも、我々国民には関係なさそうです。それなのに明治政府は、なぜ神仏分離を行ったのでしょうか。

続きを読む