ウェブ1丁目図書館

読書で得ること感じること。ここはウェブ1丁目にある小さな図書館です。本の魅力をブログ形式でお伝えしています。

食料安全保障にとって漁業は欠かせない

狭い国土に1億2千万人もの国民が暮らす日本。

農地や牧場を作っても、それだけの胃袋を満足させられるほどの食料を確保するのは困難です。食料自給率が低い状態が続いているのは不思議なことではありません。

しかし、今よりも食料自給率を上げる方法はあります。それは漁業に力を入れることです。

続きを読む

源平合戦は庶民にとって益のない権力欲にまみれた戦い

祇園精舎の鐘の声」で始まる平家物語は、栄華を誇った平家が転がり落ちていく姿を描いた古典で、現代でも、平安末期から鎌倉初期の時代を題材とした歴史小説が数多く出版されています。

「驕る平家は久しからず」という言葉がありますが、この時代は、平家だけが我が身のことを考えていたわけではありません。天皇上皇法皇も同じですし、公卿だって源氏だって自らの栄達ばかりを考えていました。しかし、平家物語という古典があることで、なんとなく平安末期は、平家の専横で人々が苦しんでいたような印象を持っている人が多いのではないでしょうか。

続きを読む

ポジティブ思考ではハイパフォーマーになれない

世の中には、何をやってもうまくいく人がいます。そういう人をハイパフォーマーといいます。

運が良いから好結果につながるということはあるでしょうが、何をやってもうまいくハイパフォーマーは運以外の要素も味方につけていそうです。自己啓発書に書かれているようなポジティブ思考が強いのでしょうか。しかし、ポジティブ思考を持っている人が、誰でもハイパフォーマーになっているわけではありません。

彼らは、なぜ、何をやってもうまくいくのでしょうか。

続きを読む

資本は利子率が高いところを目指す

事業に必要な元手のことを資本といいます。

資本は、事業主が用意することもありますが、株式会社の場合は、事業主以外の人々によって提供されます。その資本の提供者のことを株式会社では、株主といいます。

法人格を持つ株式会社の発明は、資本主義の発展に大きく貢献してきました。株式会社を作り、資本を集めれば、誰でも新たな事業を起こすことができます。そして、事業が軌道に乗り規模が拡大すると、多くの人を雇えるようになりますから、働きたくても働く場がないという人を減らすこともできます。

世の中に多くのモノやサービスを生み出し、雇用も拡大する資本主義は、なんと素晴らしいものでしょう。でも、うまい話には何か裏があるもの。資本主義にも、どこかに欠点があるのではないかと考えてしまいます。

続きを読む

いきなり本題に入っても誰も聴いてくれない

話を始めてすぐに本題に入ると、相手に聞いてもらえないことがあります。

「この商品を買ってください」といきなり言われても困ります。一方で、セールスをしなくても売れる商品があります。知名度の高い商品がそれですね。

知名度が低い商品は、とにかく「買ってください」と言い続けなければなりません。しかし、いきなり「買ってください」と言われても、すぐに買おうと思う人は少ないです。

だから、セールスという本題に入る前に相手に話を聴いてもらう姿勢になってもらうことが大切です。

続きを読む