ウェブ1丁目図書館

読書で得ること感じること。ここはウェブ1丁目にある小さな図書館です。本の魅力をブログ形式でお伝えしています。

担保で貸すか、事業で貸すか

金融業界では、しばしばオーバーバンキングという言葉が使われます。

オーバーバンキングは、お金を借りたいと思っている事業者よりも、銀行、信用金庫、信用組合の数が多すぎ、過剰な低金利競争を招いていることを意味します。早い話が、銀行が余っている状態がオーバーバンキングです。

しかし、銀行が余っているというのは本当なのか、疑問があります。資金繰りに困っている事業者はいくらでもいるのになぜオーバーバンキングなのか、不思議です。

続きを読む

いつの世も市場原理と政府は対立する

江戸時代、米は食品でもあり、通貨でもありました。

幕府や大名は、毎年の米の収穫高の一部を年貢として徴収し、それを旗本や家臣たちの手当てとしていました。また、米は、売却されて貨幣と交換されることもありました。

江戸時代に米を貨幣と交換した市場として有名なのが、大坂堂島米市場です。貨幣経済が発達し始めていた江戸時代、各藩は、米を大坂に輸送して売却し、現金収入を得ていました。

続きを読む

生命保険は死亡保障だけで良い

自分が万が一死亡した時、家族が生活できるようにいくらかのお金を残しておきたい。

このような理由から貯蓄に励む人は多いことでしょう。しかし、十分な貯蓄ができる前に死亡することだってあり得ますから、貯蓄だけで家族の生活費を担保するのは難しいです。そこで、生命保険への加入を検討することになります。

自分が突然死亡しても、家族が3,000万円の保険金を受け取れる死亡保障を買っておけば、1年後に死亡した場合も10年後に死亡した場合も、3,000万円の保険金が家族に支払われます。きっと、多くの人は、このような死亡保障があれば十分でしょう。

しかし、生命保険に加入している人は、上のような死亡保障だけでなく、複数の特約も付けているので保険料が非常に高くなっているはずです。生命保険で必要なのは、死亡保障だけ、それ以外の特約は無視でよろしい。

続きを読む

年金がもらえるか心配しても無駄。それより個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入を検討しよう。

老後資金が不足しそうだ。公的年金は、将来的に受給額が減りそうだから、国民年金や厚生年金だけでは老後が心配。

少子高齢化が進んでいるためか、このような不安を抱えている人は多いと思います。公的年金は、今の若い人はもらえないと断定的に言う識者もいれば、安全だと主張する識者もいます。

今、20代の人が年金をもらうようになるのは約40年後です。40年先の未来を言い当てられるのなら、10分後に発走する有馬記念の馬券を当てることなど容易なはず。ところが、15分後には、中山競馬場の空に無数の馬券が飛んでいます。この光景を過去に何度見たことか。

40年後の未来を言い当てられる人はほとんどいませんから、40年後に公的年金がもらえるか、破綻しているかを考えるのは、あまり建設的な議論ではありません。40年後の公的年金について議論をしている人は、どうせ40年後には、お亡くなりになっているのですから、予測した未来が間違っていてもだれも責任を取りません。

続きを読む

自動車保険などの損害保険は自分が加害者になった時の補償額を無制限にする

「もしも、大怪我をしたり大病を患ったりしたら、高額の治療費を負担しなければならないので家計が破綻するかもしれない。だから、医療保険に加入しておこう」

そう思って医療保険に加入する方が多いと思います。でも、健康保険には、高額療養費制度があるので、意外と自己負担しなければならない医療費は少なくて済みます。また、生命保険にも加入しておかないと不安だと言う方もいますが、こちらも、あなたが亡くなった後、家族の生活の見通しが立てば高額な保障を付ける必要はありません。

生命保険も医療保険も、自分のために加入するものです。したがって、自分が我慢すれば加入しなくても良いですし、保障額を少なくする選択も可能です。

しかし、他者への損害賠償が発生した場合には、そうはいきません。

続きを読む