ウェブ1丁目図書館

読書で得ること感じること。ここはウェブ1丁目にある小さな図書館です。本の魅力をブログ形式でお伝えしています。

成功の大部分は運命。努力しても報われないことはある。

運命。

人の意志とは関係なく人に幸や不幸を与える力、また、それによって起こる事柄や状態を運命といいます。運命によって手にした幸福もあれば、運命によって引き起こされた不幸もあります。

運命によって得られた幸福を自分の努力だと言う人がいます。運命によって引き起こされた不幸を自分の努力不足だと言う人がいます。では、努力によって運命を変えることはできるのでしょうか?

続きを読む

本を再読すると多種多様な考え方を認められるようになる

一度読んだことのある本を二度三度と読み返したことはあるでしょうか。

僕は、本を何度も読み返すことはそれほどありません。知らべものをしている時、知識が不完全な場合には何度も読み返しますが、これは勉強や仕事が目的であることが多いですね。

それでも、たまに過去に読んだ物語を再び読むことがあります。同じ本を読んでも結末がわかっているのだからおもしろくないと、多くの人が思うでしょう。でも、二度目三度目と同じ本を読んでいると、初めて読んだ時には気付かなかったことに気付いたり、同じ内容であっても読む年齢によって感じ方が異なっていたりするものです。

続きを読む

消費者ニーズに応え続けると厳しい目を持つ消費者が増える

現代の日本に住んでいてコンビニエンスストアを利用したことがない人は少数派でしょう。

コンビニが、スーパーよりも値段が高めなのに利用者が多いのは、端的に言うと利便性が高いから。取扱商品の単価はそれほど高くなくても、その利便性から多くの消費者がコンビニで買い物をするので、1店舗の平均日販が50万円前後もあります。

続きを読む

世の中に男性が存在するのは遺伝子の絶滅を回避するためのリスク分散が理由か?

一つのバスケットにたくさんの卵を盛るな。

これは、投資の世界でよく聞く格言です。例えば、株式に投資する場合に1銘柄に全財産をつぎこむと、その銘柄が暴落した時に取り返しのつかない巨額の損失が発生します。5銘柄なり10銘柄なり複数銘柄に分けて投資すれば、1銘柄の時価が暴落しても全財産を失うことはありません。

また、複数銘柄に投資するとリスクを打ち消し合う効果が期待できます。雨の日に売上が伸びる企業と晴れの日に売上が伸びる企業のそれぞれの株式に投資しておけば、天候による収益や利益の増減が相殺され、2銘柄を合計すると株価も安定します。

続きを読む

汚職は社会に内戦と同じだけの打撃を与える

汚職

国内でも、政治家や公務員による公金横領や特定の企業を優遇する不公正が起こることがあります。海外では大統領までもが汚職に積極的に関わっていることもありますね。

大統領や総理大臣による汚職は、国家に大きな打撃を与えることは容易に想像できます。でも、小さな汚職でも、社会に与える影響は意外と大きいのかもしれません。

続きを読む