読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウェブ1丁目図書館

読書で得ること感じること。ここはウェブ1丁目にある小さな図書館です。本の魅力をブログ形式でお伝えしています。

坂本龍馬を暗殺したのは会津藩か?

幕末維新の英雄坂本龍馬。彼を暗殺したのは誰なのかといったことが、何年かに一度話題になります。幕府か、薩摩藩か、長州藩か、土佐藩か、新撰組か。でも、坂本龍馬暗殺の実行犯は、すでに京都見廻組であることが明らかです。したがって、今後新しい史料が…

縄文人と弥生人は同じ日本人なのか?

日本人とはいったい何者なのでしょうか?日本列島に住んでいるのが日本人。そういうことになるのでしょうか。江戸時代の日本人も日本人ですし、その前の安土桃山時代の日本人も日本人です。室町時代、鎌倉時代、平安時代、奈良時代とさかのぼっていっても日…

海が生物を育てたとしても生命を生み出したとは言えない

我々人間は、その昔、海で生活していたとされています。そして、ある時、陸に上がって生活を始め現在に至っていると信じられています。太古の昔から生きていませんので、事実かどうかはわかりません。でも、おそらくそうなのでしょう。人間に限らず多く陸棲…

関ヶ原の戦い前の情報収集の違いで分裂した真田家

慶長5年(1600年)9月に起こった関ヶ原の戦いは、天下分け目の合戦として知られています。全国の大名が東西両軍のどちらかに加わらなければならない状況にあり、自軍が味方した方が負ければ、その時点で家は滅亡。したがって、関ヶ原の戦い前に徳川家康率い…

時間は捏造される

ある事象が起こった時、人はなぜそれが起こったのかを考えます。因果関係を見つけるというのでしょうか。「Aという事柄が起こったのは、その前にBという原因があったからだ」といった具合に。結果に対する原因をひとつひとつ見つけ出して説明することは、と…

社会が価値観を押し付けるから人間はどういう生き方をすべきか悩む

価値観。それは、きっと誰もが心に持っているものでしょう。自分自身で考えに考え抜いて「こうあるべきだ」と見出した価値観もあれば、周りの人たちと調和を図るためにいつの間にか身につけた価値観もあると思います。そして、多くの人が価値観を持つことは…

蓮如の平等思想と結びついた北陸の一向一揆

仏教の宗派に浄土真宗があります。鎌倉時代に親鸞聖人が開いた宗派で、現在も多くの人々に信仰されています。親鸞は、南無阿弥陀仏と唱えれば誰でも極楽往生できると説きました。しかも、善人が極楽往生できるのだから、当然に悪人も極楽往生できると説いて…

京都人の曖昧な言葉を使う性格は争いを避けるため

「京都」という言葉には、日本らしさや雅を感じます。どちらかと言うと良い印象を受けます。ところが、「京都人」という言葉には、いけず、曖昧といった悪い印象を持っている人が多いようで、京都人は性格が悪いと思われがちです。直接的な言い方をしないの…

全人類のミトコンドリアは1人の女性から遺伝した

人間は細胞の集合体です。その細胞の中には細胞核があり、細胞核には遺伝情報が詰まったDNAがあります。自分の体の情報を子孫に受け継がせるためにDNAは重要な存在です。DNAは細胞核以外にミトコンドリアの中にも少量存在します。ミトコンドリアは、細胞質に…

戦前の軍国主義と戦後の平和主義は元寇までさかのぼる

鎌倉時代に日本を窮地に陥れた大事件と言えば元寇です。元寇は、モンゴルから興った大帝国「元」が海を渡って、日本を支配下に治めようとした事件で、それまで他国の脅威はあったものの侵略されそうになったことはこれが初めてです。しかし、日本は元に侵略…

邪馬台国は統一国家か地方政権か

日本には、3世紀頃に邪馬台国という国があったようです。歴史の教科書にも出てくるので、邪馬台国は実在していたのでしょうが、邪馬台国が固有名詞だとは言い切れず一般名詞であった可能性が捨てきれません。邪馬台国があったとされる場所も、九州説と畿内説…

古事記と日本書紀で異なるヤマトタケル伝説

日本の誕生から古代の歴史までを記録した史料に古事記と日本書紀があります。両者を合わせて記紀と称されることもあります。両者の記述は、似ている部分もあれば異なっている部分もあります。古事記が国内向けであるのに対して、日本書紀が海外向けであった…

抗生物質は使ってない状態が最強。とりあえず処方されると危険。

体調を崩して病院に行き、その原因が細菌感染だとわかると抗生物質が処方されることがあります。昔は感染症で命を落とす人が多かったのですが、抗生物質の発明で感染症による死者数は激減しました。日本が世界一の長寿国となったのは、感染症による死者数が…

二酸化炭素が少ない地球上では植物にとっても紫外線は有害

植物は、光合成によって光エネルギーを化学エネルギーに変換しています。光合成は、二酸化炭素、水、光の3つの要素がなければ行うことができません。だから、植物は、お日様の光をいっぱい浴びると、たくさんの化学エネルギーを得られるので、大きく生長し、…

白米食べなきゃ歯は残る。虫歯も歯周病も炭水化物が原因。

動脈硬化は、喫煙、高血圧、糖尿病、コレステロールが原因と言われています。しかし、これらが動脈硬化の原因と言うのは非常に怪しいです。動脈硬化にならないために最も大切なことは歯の健康を維持することです。歯の健康を維持するために大切なのは毎日の…

日本の学校給食と医薬分業の始まりはサムス大佐の尽力によるところが大きい

現在の日本の小学校の多くが、学校給食を実施しています。学校給食は、子供たちの栄養補給に貢献するすばらしい制度です。もしも、学校給食がなくなれば、子供たちの栄養補給にバラツキが出てくるはずです。そうなると、子供の健康状態に差が生まれ、中には…

憲法9条は武装解除が目的の条文。真の平和を願ったものとは言えない。

日本国憲法は、9条で戦争の放棄を謳い、国際紛争の解決手段として武力を用いないとしています。そして、戦力の不保持と交戦権の否定も盛り込まれています。この9条があることから、日本国憲法は世界に類を見ない平和憲法だと言われます。どのような揉め事も…

植物油は人間には不要。動物油脂こそ健康的な脂質。

世間の健康常識に動物性よりも植物性の方が健康的といった考え方があります。肉よりも穀物や野菜の方がヘルシーだとか、バターやラードのような動物油脂よりもカノーラ油(キャノーラ油)やごま油といった植物油の方が健康的だとか、とにかく植物性食品こそ…

明るく前向きな社会ほど自殺者数は増える

現代の日本では、約3万人の方が自殺で亡くなります。普段、何げなく生活をしていますが、平和なはずの日本で、これだけの自殺者がいるのは、実は異常な社会に身を置いているのかもしれません。3年で10万人近くの方が自殺をするのです。それは、東京大空襲で…

ケトン体は無実だ!なぜアシドーシスの犯人に仕立て上げられたのか?

人間の体液は、pHが7.35~7.45の弱アルカリ性に保たれています。7.35以下、つまり酸性に傾いた場合をアシドーシス、7.45以上のアルカリ性に傾いた場合をアルカローシスといいます。アシドーシスには、二酸化炭素が体外にうまく排泄されずに血液のpHが低下す…

宗派で異なる通夜の焼香の作法。遺族に不快感を与えないために覚えておきたい。

人生において通夜や告別式に参列する機会は、ほとんどの方に訪れます。年齢を重ねていくと次第に参列する回数が増えていきますが、20代や30代では、そんなに頻繁に通夜や告別式に参列する機会がありません。なので、通夜や告別式の作法がよくわからないとい…

朝の目覚めが良くなることは老化の兆候

人間は、夜に寝て朝に起きるのが一般的です。でも、その他の動物たちは、細切れで何度も睡眠をとります。人間のように1日に1回の睡眠を原則とすることを単相性睡眠、動物のように何度も眠ることを多相性睡眠と呼びます。ただ、人間だから必ずしも単相性睡眠…

競馬界にフェアプレーと義理と人情で勝ち続けたジョッキーがいた

2015年9月。フェアプレーを貫き通したJRA所属騎手が引退しました。それは、藤田伸二騎手です。藤田さんのジョッキー生活は25年におよび、通算勝利数は1,918勝。G1勝利数も17勝と、歴代のJRA所属のジョッキーの中でもトップクラスの成績を残しました。通算勝…

先物取引でのリスクヘッジはスペキュレーターを利用することで成立している

先物取引について、どのような印象をお持ちでしょうか?多くの方が、ギャンブル的要素の強い取引、楽して大金を手にできる取引、失敗すると人生が破たんしてしまう取引という印象を持っていることでしょう。だから、そう思っている方は、先物取引をする人は…

技術者は人間の思想の大切さを理解している

ホンダの創業者の本田宗一郎さんは、日本を代表する名経営者と評価されています。本田さんは、技術屋というイメージが強いのですが、会社経営に関しては人間中心の考え方を持っていたようです。でも、本田さんの人間中心の考え方は、技術をとことん追求して…

価格決定権をメーカーが持たなければ生活者の暮らしが良くなる

現在、スーパーでも家電量販店でも、同じ商品でありながら異なる価格で販売されていることがあります。むしろ、店頭価格が異なっていることが当たり前とも言えます。でも、昔はメーカーが決めた価格で小売店は販売しなければなりませんでした。つまり、価格…

基幹技術の外注は将来の不確実性への対応を困難にする

我が国の重要産業の一つに位置づけられる自動車産業。その基礎を築いたのは、トヨタの元社長の豊田英二さんでしょう。2015年3月期のトヨタの連結売上高は27兆円、当期純利益は実に2兆円を超えています。このような超大企業にトヨタが成長したのには、様々な…

使わない学歴は滞留在庫と同じ

以前ほどではありませんが、日本は学歴社会と言われています。一流大学卒業者が、職場で出世しやすい構造は、程度の差はあれ昔も今も同じです。もちろん、高学歴の人は相対的に優秀である場合が多いので、出世した優秀な人の学歴を調べてみると高学歴だった…

歩留率が低い製品ほど将来性がある

歩留率(ぶどまりりつ)は、投入した原材料と比較してどれだけの製品が完成したかを表す指標です。例えば、水100mlを投入して清涼飲料水が90mlできた場合の歩留率は90%です。当然、歩留率が高い製品ほど、原材料を効率的に使うことができているので、生産管…

江戸幕府の環境保護政策を見習う

近年、環境破壊が進行し、このままでは地球が危うい、もっと自然を大切にしなければならないと叫ばれることが多いですね。環境保護政策については、ドイツや北欧の国々に学べと言われることがあります。でも、わざわざ外国に学ばなくても、日本の歴史から学…

社会が孤立すると文明は崩壊することをモアイが教えてくれている

世界には、数々の遺跡があります。それらの遺跡の中に、高度に発達した文明を持っていながら崩壊した社会を見ることがあります。例えばマヤ文明とか。高度な文明を持っていながら崩壊した理由には、その社会に特有の事情があったり、崩壊した社会に共通の事…

自己啓発本の前に読むべきは佐藤一斎の言志四緑

最近は自己啓発本が話題となることが多いですね。いや、自己啓発本自体は、昔から多くの人に読まれていますから、一過性の流行ではなく何十年にも渡って流行し続けていると言えます。もはや、自己啓発は現代人の慢性病です。僕も、過去に自己啓発本を何冊も…

ゾンビのように蘇り続けるコレステロール悪玉説

2015年2月にアメリカ政府が、食事から摂取するコレステロールと血中コレステロールに因果関係がないことを発表しました。そして、2ヶ月後の4月には、日本の厚生労働省も同様の趣旨の発表を行い、日本人の食事摂取基準2015年版からコレステロールの目標量を削…

大人の勉強はエピソード記憶を利用する方法が効果的

「大人になると、記憶力が悪くなってきて、勉強をしても全然身にならない」これってよく聞きますよね。大人になると、脳細胞が死んでいくとか脳の神経が死んでいくとか、そういったことが原因で記憶力が低下し、勉強してもなかなか覚えられないということを…

元素から見れば人間の価値は安っぽい

「水平リーベ僕の船・・・」その昔、理科の授業で覚えましたよね。もう、これが何だったのか忘れている人もいらっしゃるのではないでしょうか?これは、元素周期表の覚え方で、水素(H)、ヘリウム(He)、リチウム(Li)、ベリリウム(Be)、ホウ素(B)、…

思想ではなく利益で人を結びつけた坂本竜馬

大政奉還によって江戸幕府を終わらせた坂本竜馬。後世の人は、武力を使わず、無血革命を実現させた竜馬を偉大な政治家や革命家と評価します。しかし、彼は、政治家でも革命家でもなく、商売人だったからこそ時代を動かすことができたのではないでしょうか?

源義経が兄頼朝に負けたのは武士たちに利益を与えられなかったから

日本史の世界には、数々のスーパースターがいます。真田幸村、坂本龍馬、沖田総司など、今も人々に愛されている歴史上の人物がたくさんいます。その中でも源義経はトップ3に入るのではないでしょうか?判官贔屓の判官は、義経が後白河法皇から与えられた役職…

仕事も経営も現場から学ばなければ人間が感情で動くことを理解できない

「セコムしてますか?」これは、読売ジャイアンツの名誉監督である長嶋茂雄さんが、警備会社のセコムのCMに出演した時のセリフです。有名なセリフなので、ご存知の方も多いことでしょう。このセリフは、セコムの創業者の飯田亮さんが、ある時、料亭で芸妓同…

戦争をするのは人間とチンパンジーくらいのものだ

なぜ人間は戦争をするのでしょうか?長い人類の歴史の中で、人は戦争によって何度も悲劇を生み出しているのに全くなくなりません。「動物の中で戦争をするのは人間くらいで、他の生き物は同種族で争わないのに」そう思っている方も多いのではないでしょうか…

忘れることは結果的に許すこと。業深き者ほどボランティアをする。

誰だって、怒りの感情を持っています。どんなに普段ニコニコとしている人でも、怒ることはあります。ある人はいつもニコニコと笑顔でいて、ある人はいつも機嫌悪そうな顔をしています。同じように怒りの感情を持っているのに普段の表情が違うのはなぜなので…

個性は他人が決めるもの。優柔不断で広く学び続ける。

近年、個性が大切だという言葉をよく耳にするようになりました。個性を磨きなさい、個性は一生の武器になる、個性がなければ良い仕事はできない、そんな言葉をテレビでよく聞きますし、インターネットのニュースサイトなんかでも目にする機会が増えたなと感…

通貨統合で金融政策ができなくなり国内経済が悪化するというのは本当なのか?

もしも、世界の通貨がドルに統合されたら、為替相場の変動を気にせずに生産できるのに。そんなことを考えた経営者や財務担当者は少なくないでしょう。製品を輸出しても、代金の決済時の為替相場が円高になっていたら利益が減ってしまいます。だから、為替予…

現在の神前結婚式はロイヤルファミリー好きの日本人の性格が流行させた

現在、日本では、お寺、神社、教会など様々なところで結婚式が行われています。海外挙式なんかも人気ですよね。でも、海外挙式に関しては、両親や年配の親族から反対されることもあるでしょう。日本人なのだから、お寺や神社で式を挙げるべきだとか、海外挙…

庶民に支えられ今日まで存続している東寺

京都の象徴的な建造物は、現代では京都タワーになりつつありますが、まだまだ観光客に人気があるのが東寺の五重塔です。東から京都市内に新幹線で入ると見えませんが、西からだと五重塔を車窓から眺めることができます。これぞまさに古都の風景。そう感じる…

貿易は勝ち負けではないので国の国際競争力を論じても無駄

日本企業はこれまで輸出で高い利益を上げてきました。ところが最近は、輸出よりも輸入の方が多くなる貿易赤字になることがあり、このままでは日本の国際競争力が弱体化し、国民の生活水準が低下すると危惧する声が聞かれるようになっています。貿易赤字は、…

将来の予測が不可能だから現在の不安が解消される

将来のことなんて誰にも予測できません。近い将来のことなら可能でしょうが、10年後に世界がどうなっているかを当てることは極めて困難です。だから、人々は、将来に対して不安を抱くのでしょう。でも、将来が予測不可能だからこそ現在の不安は何もしなくて…

食べ物を分配し始めたことが国家の成り立ち

世界にはたくさんの国家があります。日本、アメリカ、イギリス、フランス、エジプト、インド、中国、オーストラリアなど。それぞれの国家は、全て同じではなく民族、慣習、文化など様々な違いがあります。でも、人々が集団となって社会を形成している点で各…

江戸時代の寺子屋は商学や経営学を教えるビジネススクールだった

手習いに上げて我が子を見違えるこれは、江戸時代に自分の子供を寺子屋に通わせた親が、我が子の急速な成長に驚いている様子を詠んだ川柳です。江戸の子供たちは、5歳から8歳になると寺子屋に通い「読み、書き、そろばん」を習いました。多くの子供たちが寺…

紙をリサイクルするより国内の森林を伐採した方が環境に良い?

地球の資源は限りあるものだから、一度使ったものを捨てるのではなく再利用すべきだという意識が高まっています。環境破壊が深刻化しているとメディアで報じられる機会も多くなっていますから、日本国民のリサイクル意識が高まるのも当然でしょう。しかし、…

インターネット接続は基本的人権。ウェブは負け犬の再挑戦の場だ。

現代社会は、もはやインターネットなしでは機能しなくなっています。もしも、今、インターネットがこの世から無くなったら、経済活動に大きな負の影響を与えるでしょう。金融取引はもちろんのこと、企業間取引、企業と消費者との間の商取引など、インターネ…