読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウェブ1丁目図書館

読書で得ること感じること。ここはウェブ1丁目にある小さな図書館です。本の魅力をブログ形式でお伝えしています。

姓と名字の違い。将来的に名字の意味はなくなるか?

ここに山田太郎さんという人がいたとします。この人の名は「太郎」です。では、「山田」はなんでしょうか?きっと人によって答えが変わると思います。ある人は「姓」と答えるかもしれませんし、ある人は「名字」と答えるかもしれません。現代の日本では、ど…

京都人の曖昧な言葉を使う性格は争いを避けるため

「京都」という言葉には、日本らしさや雅を感じます。どちらかと言うと良い印象を受けます。ところが、「京都人」という言葉には、いけず、曖昧といった悪い印象を持っている人が多いようで、京都人は性格が悪いと思われがちです。直接的な言い方をしないの…

個性は他人が決めるもの。優柔不断で広く学び続ける。

近年、個性が大切だという言葉をよく耳にするようになりました。個性を磨きなさい、個性は一生の武器になる、個性がなければ良い仕事はできない、そんな言葉をテレビでよく聞きますし、インターネットのニュースサイトなんかでも目にする機会が増えたなと感…

現在の神前結婚式はロイヤルファミリー好きの日本人の性格が流行させた

現在、日本では、お寺、神社、教会など様々なところで結婚式が行われています。海外挙式なんかも人気ですよね。でも、海外挙式に関しては、両親や年配の親族から反対されることもあるでしょう。日本人なのだから、お寺や神社で式を挙げるべきだとか、海外挙…

いつまでも、きっと忘れない。彼女のプロ根性を。

2007年5月27日の東京競馬場は歓喜の渦に包まれました。牝馬のウオッカがダービーを制覇したからです。その数十分前。一人の女性が、ひっそりと息を引き取ります。その女性は、坂井泉水さん。ZARDのボーカルです。

万年筆で美文字を書くためにペン字の練習開始

2ヶ月ほど前。机を整理していたら、入学祝いや合格祝いなどでいただいた万年筆が出てきました。万年筆だけでなく、割と高価なボールペンやシャーペンなんかも数本出てきました。万年筆はパーカーとパイロットが1本ずつ。そう言えば、過去に使ったことがあっ…